データベース、WEBサイト制作、サイト構築・運用、SaaS型システム構築、WEBマーケティングのぴこねっと

データベース、WEBサイト制作、サイト構築・運用、SaaS型システム構築、WEBマーケティングのぴこねっと お電話によるお問い合わせはコチラ株式会社ぴこねっと 03-5777-1214
事業内容 提供サービス 会社概要 開催セミナー情報 資料請求・お問い合わせ
ぴこねっとWebサイト連動SaaS型業務システム
HOME > 提供サービス > Webサイト連動SaaS型業務システム構築

中小企業様向けWebサイト連動SaaS型業務システム構築 旅行業・卸売業・小売業など多数実績!


お客様の悩みを解決する  Webサイトと業務システムのデータベースをサーバー上で統合
(業務効率向上・経営コスト低減・ビジネススピードを飛躍的に向上させる)

  中小企業においても、Webサイトが企業の営業フロント(受注機能)としての役割が大きくなってきています。Webサイトからの受注や売上データの処理がいかに迅速にできるかが、業務効率、経営コストの低減、ビジネススピードに大きく左右します。
  業務効率を向上させ、経営コストの大幅な低減を可能にし、ビジネススピードを飛躍的に向上させるのが、当社が提案する「Webサイト連動SaaS型業務システム」です。営業フロントとしてのWebサイトからの受注データや売上データを取得し業務システムとサーバーで総合一元化管理することで、業務処理の自動化を図り、ビジネススピードを飛躍的に向上するとともに経営コストの大幅な低減を実現いたします。

  Webサイト連動SaaS型業務システムは経営課題を解決します。

  Webサイト連動SaaS型業務システムは全てのデータ及びマスタを一元管理致しますので、二重上書き登録、在庫不一致などの問題を解決致します。これは、基幹業務システムの構築技術とWEBサイト構築技術、データベースの構築知識が全て備わってはじめて出来るシステムであり、ぴこねっとが最も得意とする分野です。

WEBサイトの受注データがそのまま基幹業務システムの受注データとなります。

  • 顧客マスタ、得意先マスタ、商品マスタはWEBサイトと基幹業務システムで同一のマスタを使用します。
  • 基幹業務システムの在庫数がリアルタイムでWEBサイトの在庫数として表示されます。
  • WEBブラウザ上で売上日報、仕入集計表などの販売管理資料を見ることができます。
  • 携帯電話でも売上日報、仕入集計表などの販売管理資料を見ることができます。
Webサイト連動SaaS型業務システム概要図

Webサイト連動SaaS型業務システム概要図

Webサイト連動SaaS型業務システム 契約後~納品までの流れ

SaaS型基幹業務システム

開発環境・運用環境
  弊社の開発環境および運用環境は以下の通りです。導入をご検討の場合は下記要件をご参考ください。
  基本的には下記要件に合う形であれば問題ありませんが、バージョンにより開発形態が変わるケースもございます。
開発言語 PHP5 / Visual Basic / .NET
データベース PostgreSQL8 / MySQL5 / Access
対応OS Windows7/ Windows Vista / Windows XP / Windows 2000
通信環境 ADSL / 光ファイバー
サーバー Linux
 

 Webサイト連動SaaS型業務システム開発事例

 
中小企業向け : システム開発お問い合わせ
 
提供サービスメニュー
ぴこねっと生粋市場
WEBサイト構築
SaaS型システム構築
WEBサイト連動SaaS型
業務システム構築
業務改善コンサルティング
UIコンサルティング
サーバー運営サービス
WEBサイト連動SaaS型
業務システム構築
SaaS型基幹業務システム連動型Webサイト構築
SaaS型基幹業務システム連動型Webサイト構築に関するお問い合わせ
楽天市場受注データ連動SaaS型通販システム
制作事例
SaaS型海外旅行ツアー予約+手配業務連動システム
SaaS型食品販売業販売管理システム+ECサイト
SaaS型卸売業販売管理システム+ECサイト
セミナー情報・情報配信・お問い合わせ・資料請求
セミナー開催
参加いただくお客様には、インターネットビジネスの特性を理解していただき、実行に移してもらうためのノウハウを伝授、好評をいただいています。
最新のセミナー情報はこちら
ぴこねっとメールマガジン「次代に切り込め」バックナンバー
バックナンバーはこちら
採用募集情報
2013年度新卒採用人員を開始・インターン募集致します。常時中途採用も行っています(東京・広島若干名)
採用情報はこちら
船中八策巻頭言葉
「船中八策」という言葉は司馬遼太郎の「竜馬が行く」から一節をとったもので、社外向けの情報誌の名称。その船中八策の巻頭言は当社代表の及川秀悟が書いており、その巻頭言を掲載しました。


社長日誌
1600回になりました。

日本伝統文化館
Copyright(C) 2000-2021 Piconet.Inc. All Rights reserved. ※掲載内容は株式会社ぴこねっと作成・所有物です。無断転用、複製を禁じます。